プレスリリース

ICT企業を対象に、顧客の採用ツール情報をリアルタイムに提供するDATANYZE(データナイズ)が「見込客優先度分析」と「新規営業リスト作成」の新技術「プリディクト」を日本でも搭載!商談効率を更にUP

2018年4月26日、ICT企業向けセールスリードデータ「Datanyze(データナイズ)」の日本総販売代理店であるデジタルマーケティングエージェンシーの株式会社インターアローズ(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:男澤洋二)は、「Datanyze(データナイズ)」の提供サービスに新機能「Predict(プリディクト)」が搭載されたことを発表した。

米国「Datanyze(データナイズ)」は、世界最大のテクノロジーレビューサービスG2Crowdから「2018ベストソフトウエア賞」を受賞したセールスリードデータである。250か国の3,500万ウェブサイト、9,000テクノロジーツール、および300万アプリのデータを24時間毎にトラッキングし、「どの会社が、何時、どんなテクノロジーツールを導入したのか?」をICT企業へ提供する。営業戦略を効率化できるリードデータとして、世界1,000社以上のICTやテクノロジーツール企業の営業&マーケティング担当に利用されている。日本においては、昨年5月より、(株)インターアローズが販売を開始した。

この新機能は、ICT企業のツールが採用されている企業の様々なテクノロジーの種類、業種、従業員数、サイト訪問者数などの相関関係を洗い出し、共通特性を瞬時に分類の上、新たな顧客候補とその見込度を提示する。このモデルを、競合製品を採用中の企業へ当てはめると、競合から乗換える確率の高さも予測できる。しかも、この新機能による予測は、約5分ほどで完了する。

競合他社テクノロジーツールへの入替えが頻繁であるICT業界において、タイムリーな見込度の可視化と、成約率の最大化は不可欠である。「Datanyze(データナイズ)」は、更に、テクノロジー業界シェアやトレンド、新製品の販売情報、最大5年分のツール入替え履歴も提供する。また、分析されたデータはAPIやCVSにより、Salesforceなど社内システムと統合し、広く社内で共有できる。「Datanyze(データナイズ)」の活用により、日本のICT企業の営業戦略が大きく効率化し、更なる機会を創出する事が期待できるかもしれない。

あるA/Bテストツールが採用されている企業特性

見込み客企業一覧

見込み客の導入するソフトウェアやアプリSDKをリアルタイムに解析!
アメリカ次世代、営業支援インテリジェンス「Datanyze」とインターアローズが業務提携

2017年6月6日、デジタルマーケティングエージェンシーの株式会社インターアローズ(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:男澤洋二)は、米国カリフォルニア州の営業インテリジェンスデータサービスの「Datanyze(データナイズ)」(CEO:Ilya Semin)と提携を結んだことを発表した。

「Datanyze」は最先端の解析技術を使って、世界4000万ウェブサイト、7000ソフトウェアおよび300万アプリのSDKのデータをリアルタイムに解析する。提供されるデータ「テクノグラフィック」とは、企業の導入テクノロジー(ソフトウェアやアプリ、SDK)の詳細や利用開始、トライアルと解除時期など高度な情報である。営業やマーケティング担当者の「どの会社が何時、どんなICTソフトウェアやSDKを導入したのか?」「どの企業に何時、どんな売り込みをするべきなのか?」など重要な営業戦略に応えるだろう。

例えば、競合A社とB社ソフトウェアを利用する全ての企業を確認する。また、企業サイズや業種を絞って、ターゲットとなる見込客がいつからその競合製品を採用したのかが確認出来る。更に、直近1週間などの期間を指定して、トライアルに入った、または本採用になった可能性のソフトウェアを把握できる。端的にいえば、「Datanyze」は、営業戦略のタイミングと新規顧客の見極めを適切、かつ効率的に行うための高度なテクノロジー情報を提供する営業支援インテリジェンスデータだ。

CRMやマーケティングオートメーションを代表とする「ビジネスインテリジェンス」市場が確立した米国においても、この「Datanyze」は高い技術とユニークな機能で、2012年の創業以来、圧倒的な急成長を遂げてきた。選りすぐりの数社だけに資本投下することで知られるGoogle Ventureからの投資を得て、また、Gartnerリサーチ社の「テクノロジーの革新性により成功した企業」にも選ばれた。特に、AndroidとiOS双方アプリのSDKやライブラリーの解析をリアルタイムに行えることは、大きな特色である。

「インターアローズ社との提携により、Datanyzeのニーズが特に大きい日本およびアジア太平洋地域において、更なる成長を遂げる体制が整いました。益々多くの営業やマーケティングのご担当者の方々を、Datanyzeの業界随一のテクノグラフィック機能で支援させていただくつもりです。」と、Datanyze社CEO&ファウンダーのIlya Seminは意欲的である。

また、今回Datanyzeを日本で展開する株式会社インターアローズCEO男澤洋二は「弊社はマーケティングに関わる世界47カ国をカバーするPCやモバイルデータ、57か国にわたるアプリの統計データを扱っています。Datanyzeの最大の特色は、推計・統計データではなく、営業に直結する『ファクトデータ』であることです。もうこれからは、イベントやDM、Webから見込み客を集め、お客様へのヒアリングによって利用ソフトやSDKなどのICT情報を把握する必要はありません。DatanyzeによってソフトウェアやモバイルSDK、企業ドメインから競合製品の利用データを分析し、見込み客を正確に絞込めば、営業効率を最大限に出来るのです。」とコメントし、日本における新市場の確立に自信を見せている。

【Datanyze(データナイズ)概要】

リアルタイムで世界4000万ウェブ、7000ソフトウェアと900SDKのオープンデータを解析してテクノグラフィックデータを提供する営業支援インテリジェンスサービス
本社: 米国カリフォルニア州San Mateo
CEO: Ilya Semin
プラットフォーム: クラウドサービス、ChromeとFirefoxアドオン
データ形式: API(Salesforceなど統合多数)、CVS
価格: 月額制、無料トライアル有
クライアント: (米国)Google、Marketo、Hubspot、Criteo、Zendesk、AdRoll、Kochavaなど

【株式会社インターアローズ概要】

株式会社インターアローズは、東京、英国を拠点とするデジタルマーケティングエージェンシー。グローバルデータやアナリティクス、及び日本には無いデジタル・マーケティング・ソリューションを提供している。

インターアローズが国内で展開している海外データやソリューションサービスは、アプリのダウンロード数と売上額を分析する「PRIORI DATA」、デジタル・マーケット測定のリーディング企業である「comScore」(コムスコア)、個々の人にフォーカスしたログ解析の「KISSmetrics」(キスメトリクス)、アプリのユーザー行動を可視化するアプリ解析の「Appsee」(アップシー)、配信速度を選択し料金を大幅にセーブ出来るイタリアの「Mailup」社等がある。

【本件のお問い合わせ】

「Datanyze(データナイズ)」日本正規代理店
株式会社インターアローズ
本社: 141-0031 東京都品川区西五反田1-23-7 五反田シティトラストビル9階
TEL: 03-6431-8022
URL: http://www.interarrows.com/

Datanyze Accelerates Momentum With Global Expansion And Partner Program

DATANYZE, the leader in technographics, has partnered with Madrid and Barcelona-based IVC, a business technology and Go-to-Market company, and Tokyo-based INTERARROWS, a digital marketing agency, to accelerate globalization and bring the Datanyze platform to the European and Asia-Pacific markets.  

Datanyze continuously collects and analyzes millions of data points across the web to determine technology usage and other buying signals (technographics), allowing sales and marketing teams to find and engage with their perfect prospects.

“We know there’s global demand for our solutions. With IVC and Interarrows, we are now able to answer that call and bring Datanyze’s industry-leading technographics platform to top sales and marketing teams around the world.” said Ilya Semin, Datanyze CEO and founder.

As of early 2017, more than 80% of Datanyze customers were headquartered in the United States, with demand and brand awareness quickly growing with new international businesses. In partnering with IVC and Interarrows, Datanyze expands its global presence and gains dedicated sales, marketing and support teams to better serve EMEA and Asia.

“Although Interarrows provides static data services to more than 47 countries, we think that Datanyze is the industry leader in accurate, real-time business data,” according to Interarrows CEO, Yoji Otokozawa. “Using Datanyze, salespeople will no longer need to engage poor prospects, or ask clients about what technologies they have installed. All they’ll need to do is use Datanyze to find the best companies and contacts to target. Reliable data-driven sales and marketing is what the Japanese market has been waiting for.”

According to Datanyze, these strategic partnerships, and push toward globalization, are part of its mission to illustrate how technographic, firmographic and contact data can create net-new value not just for American companies, but businesses around the world. The strategic partnerships with IVC and Interarrows help meet the demand for this data.

“Our passion is to launch and accelerate in EMEA the most innovative technology vendors through our Go-to-Market programs. Datanyze represents a dual opportunity,” said Roel Koppens, IVC Partner. “On one hand, to launch Datanyze in Europe and help grow a very promising and innovative tech venture, and on the other, Datanyze will significantly enhance IVC solutions. The partnership with Datanyze is strategic and we are fully committed to its expansion in Europe.”

IVC will focus its efforts on previously underrepresented markets including Austria, Belgium, Italy, The Netherlands, Portugal and Spain, while Interarrows will concentrate solely on Japan.

About Datanyze

Datanyze is the leader in technographics -- real-time insights based on a company's technology choices and buying signals. Technographics help companies find great accounts, engage them in timely, value-driven conversations, and convert them into customers. Datanyze is used by 600+ companies around the world, including Marketo, HubSpot, Akamai and Brightcove, and has been recognized as both a Gartner Cool Vendor and G2Crowd High Performer. Check us out at www.datanyze.com.


About International Venture Consultants (IVC)

At IVC we are specialists in launching and accelerating B2B tech businesses. Over the past 40 years, we have helped over 2,000 companies to achieve more and better business opportunities as well as to optimise the management of their front and back office processes, making these organizations more efficient and competitive. Check us out at www.ivc.es.

About Interarrows

Interarrows offers innovative, on-demand internet consulting services to its clients through its tracking and assessment of technology trends throughout the global IT industry. Its key capabilities are in the fields of Internet marketing and business consulting. Other strategic partners include KISSMetrics, comScore, Distimo and Priori Data. Interarrows is based in Tokyo. More information can be found online at www.interarrows.com. (And they just closed their first deal!)