Datanyzeのトラッキング手法

ウェブ固有の「シグナチャー」を解析し、毎日4000万ウェブの動向を計測します

4000万という膨大なウェブを毎日解析するという機能上、各ウェブサイトの20から40ページ分だけを計測しています。以下の要素はシグナチャーを多く含むため、優先的に解析しています:
ホームページ上のリンクで「重要度が高い」とみなされるもの 事前定義のウェブページ( (/jobs, /careers, /cart, /checkout, /blog)など

  • 精確で最新なデータ
  • 使用開始から削除までのテクノロジーデータ
  • 収集シグナチャーの例
    HTML
    CDN (CNAME)
    NS (DNS)
    (HTTP) ヘッダー
    SPF (records)
    SSL
    ISP (IP lookup)
    Servers
    MX (records)
    Servers
    ORG
    Webリクエスト [regex]
    サイトデリバリー
    Servers
    ホームページ [regex]
    モバイルパッケージ
    モバイルストリング
    バックエンド
    G2 Crowd レビュー

Datanyzeのデータ計測方法

Datanyzeは殆どのテクノロジーを解析できますが、ユーザの多くが直接ログインから利用するテクノロジー、または、非常に訪問数の少ないウェブサイトが利用するテクノロジーやデータベースなどは制限されます

ストリングマッチング
ストリング(文字列)マッチングにより、そのテクノロジーがウェブサイト上にあるか否かを解析します
例えば、テクノロジーAの3件のシグナチャーをDatanyzeは計測しているとします。シグナチャー①と②をウェブサイトXのHTMLで検知し、更にシグナチャー③がウェブサイトXのSPFレコード上に検索された場合、「テクノロジーAはウェブサイトXに導入されている」と解析します
お好みのウェブサイトの追加リクエスト
Datanyzeのテクニカルチームは、日々、計測ウェブサイトを追加しています。ご希望のウェブサイトのリクエストも承ります
自社データも追加できます
CSVインポート
CRMやマーケティングオートメーションなどツールと統合
個別入力による検索
ウェブアプリのドメインページを入力してテクノロジーを解析します