Datanyzeの解析領域

解析可能な範囲

4000万という膨大なウェブを毎日解析するという機能上、各ウェブサイトの20から40ページ分だけを計測しています。以下の要素はシグナチャーを多く含むため、優先的に解析しています:
ホームページ上のリンクで「重要度が高い」とみなされるもの
事前定義のウェブページ( (/jobs, /careers, /cart, /checkout, /blog)など

解析不可能な範囲

ログイン入力以降のページ
クリックにより遷移するページ(例:Eコマース上で商品をカートやチェックアウト入れた以降に使用されるテクノロジー)

商品カテゴリー別解析の範囲

Datanyzeは殆どのテクノロジーを解析できますが、ユーザの多くが直接ログインから利用するテクノロジー、または、非常に訪問数の少ないウェブサイトが利用するテクノロジーやデータベースなどは制限されます

フル解析
マーケティングオートメーション
Eメールマーケティング&プロバイダー
解析&トラッキング
Eコマース
一部制限
CRM
ウェブプレゼンテーション
電子署名
不可
データベース(MySQL、MongoDBなど)
ERP(Netsuite、NetAppなど)
ビジネスインテリジェンス(Tableau、DOMOなど)